天海 大僧正。 滋賀院門跡には徳川家ゆかりの品が!家康のブレーン・天海は明智光秀・秀満だったという説も!

世界遺産 日光の社寺 天海大僧正

大僧正 天海 大僧正 天海

🚒 108歳であった。

天海とは~徳川家の参謀として暗躍した生涯と川越の喜多院の見どころ

大僧正 天海 大僧正 天海

👏 ちょうどそのころであろうか、江戸城大奥の産所御殿で、けたたましい産声が上がったのである。

天海

大僧正 天海 大僧正 天海

👏 11 月3日にそちらに行きたいのですがありますか。 関ヶ原の戦い後、徳川家康の帰依を受け、幕府の宗教行政に参画した。 7月23日 天海の膝に抱かれながら、実母が死去した。

19

天海大僧正

大僧正 天海 大僧正 天海

👋一族である蘆名氏が滅ぼされてから、会津の地に戻ることはなかった。 「四神相応」とは、東に川が流れ、西に低い山や道が走り、南に湖や海があり、北に高い山がある土地は栄えると考えられたものである。

16

天海大僧正

大僧正 天海 大僧正 天海

❤ 今から250年前から続いていると言われています。 幼少より聡明で、14歳のとき宇都宮の粉川寺の皇舜僧正のもとで学び、更に比叡山、三井寺、奈良の興福寺、足利学校、上野の善昌寺などで天台、法相、三論、禅、日本の古文学、儒教などを研究されました。

明智光秀は天海となって徳川幕府に参加していた!その理由とは?

大僧正 天海 大僧正 天海

💋 このほか7年()(上杉将士書上)、3年()、天文11年()、天文23年()といった説がある。