クリストファー プラマー。 俳優、クリストファー・プラマーさんが死去 トラップ大佐役を名演

クリストファー・プラマーは“伝説的俳優”だった 長い俳優人生と残したイメージを振り返る|Real Sound|リアルサウンド 映画部

プラマー クリストファー プラマー クリストファー

🙄 そんなプラマー氏が多くの人々の心に残っているのは、その実直なイメージと重なるように、安定した仕事ぶりで常に目に触れる存在であり続けた点だろう。

1

人物情報

プラマー クリストファー プラマー クリストファー

📱 2年近く前に一緒に仕事をできたのは幸運で、素晴らしい経験だった」とたたえた。 91歳だった。

5

人物情報

プラマー クリストファー プラマー クリストファー

📞 幼い頃はピアニストを夢見ていたが、学校で舞台に立ったことから俳優を志す。 舞台俳優としても活躍し、74年に「シラノ」、25年近く後に「バリーモア」でそれぞれトニー賞を受賞した。

17

クリストファー・プラマーは“伝説的俳優”だった 長い俳優人生と残したイメージを振り返る|Real Sound|リアルサウンド 映画部

プラマー クリストファー プラマー クリストファー

😅 「ゲティ家の身代金」は、ケヴィン・スペイシーさん出演で撮影を終えていたものの、スペイシーさんによる性的加害の告発が相次いだため、急きょプラマーさんで撮り直すことになった。 また、(アカデミー賞、エミー賞、トニー賞)を獲得した数少ない俳優の一人であり、唯一のカナダ人でもある。

6

【特別映像】クリストファー・プラマー、ピアノの演奏&美しい歌声を披露! 『手紙は憶えている』

プラマー クリストファー プラマー クリストファー

👉 【ニューヨーク時事】米紙ニューヨーク・タイムズなどによると、ミュージカル映画「サウンド・オブ・ミュージック」(1965年)でトラップ大佐役を演じたカナダ俳優クリストファー・プラマーさんが5日、米東部コネティカット州ウェストンの自宅で死去した。 ご冥福をお祈りします。

17

クリストファー・プラマーが死去 『ナイブズ・アウト』、『サウンド・オブ・ミュージック』などに出演

プラマー クリストファー プラマー クリストファー

⚑ 「スター・トレック」で共演したは、プラマーさんを「舞台とスクリーン」の巨人とたたえ、「永遠の音楽の中でおやすみください、フォン・トラップ大佐」としのんだ。 、にある自宅で死去した。 妻の俳優エレイン・テイラーさんは、転倒に伴う頭部への打撲が死因だと語った。

7